深田恭子、通称「深キョン」はアラフォーになった今でも、
どこか少女のような儚さと透明感を持ち守ってあげたいと思わせる奇跡の女優です。

深田恭子

そんな彼女は昔から顔の印象に大きく変化がなく老いを感じさせませんが
その秘密はメイクにもあるのではないでしょうか。

また、スタイルも女性らしさを感じさせる魅力的な体型であるため
男性・女性共に憧れるスタイルの持ち主としても話題になることが多いです。

そんな彼女のいつまでも変わらない魅力について考えていきたいと思います。


スポンサーリンク




深田恭子のデビューと代表作

深田恭子は、1996年に開催された
第21回ホリプロタレントスカウトキャラバンに参加しグランプリを獲得しました。

このオーディションは芸能界入りの登竜門として、
とても有名で過去には榊原郁恵や石原さとみ、小島瑠璃子など
歌手、女優、バラエティタレント様々なジャンルで活躍できる新人を発掘しています。

深田恭子は1997年に女優としてドラマ「海峡」でデビューしました。

深田恭子を一躍有名女優にした作品といえば
1998年放送の金城武主演の「神様、もう少しだけ」です。

深田恭子2

この作品で彼女は援助交際がきっかけで
HIVに感染した女子高生の真生を演じています。

そんな彼女と金城武演じる音楽プロデューサー・啓吾の恋愛模様を描く作品でした。

HIVに関する正しい知識を知ることができるドラマでもあるため
単なるラブストーリーではなく社会派ドラマとしての位置づけもあるでしょう。

2004年に公開された映画「下妻物語」でのロリータ役も
深田恭子の代表作として挙げる人が多いと思います。

深キョンのロリータ姿は衝撃的な可愛さで
日本中に彼女のファンができるきっかけともなった作品なのではないでしょうか。

深田恭子が演じる竜ケ崎桃子と元レディースである
白百合イチゴの不釣り合いに見える二人の友情を描いた物語です。

その他にも、様々な作品に出演していますが特に印象的であったこの2つの作品を紹介しました。


深田恭子の魅惑のスタイル

深キョンと言えば、女性らしい柔らかさを持ちながら
メリハリもあるスタイルの持ち主として雑誌で取り上げられる様子を目にすることがあります。

深田恭子3

そんな彼女のスタイルは女性も憧れますが
何といっても男性が理想とするスタイルを持つ有名人として名前があがることが多いです。

女性は細身でスレンダーな体型を目指しますが、
男性が本来女性に求めているはメリハリのあるグラマー体型です。

深キョンはそんな男性の抱く理想体型の象徴ともいえるスタイルを持っています。

彼女のスタイルについて深堀りしていきたいと思います。

深田恭子の所属するホリプロの公式ホームページには
身長(163cm)の記載しかないためスリーサイズは公表されていませんが、
発売されている写真集に載っている水着姿を見ると
D~Eカップはあるのではないかと推定できます。

それなのに、ウエスト部分にはしっかりくびれがあります。

まさに、太すぎず細すぎずの理想的な体型なのでしょう。

昔、太っていたなどと言われていることも目にしたり聞いたことがありますが
10代の頃の女性は若さゆえに太りやすくムチっとした印象になることも多いです。

現在は、大人の女性となりこの年齢ならではの
魅惑的なスタイルになったのではないかなと思います。


深田恭子のいつまでも若い秘密とは

彼女は1982年生まれですが、
10代や20代の頃の写真と見比べてもあまり印象が変わらないように感じます。

彼女が若さを保つために気を付けていることは何でしょうか。

「体を温めること」「適度な運動を取り入れること」を日々の生活で心掛けているそうです。

深田恭子4

そして、スキンケアでは「とにかく保湿」を大切にしているそうです。

体を温めるために水分は白湯で摂取するとの事です。

同じ水でも温かい白湯を飲む習慣を付ける事を心掛け、
また、野菜を摂るときは野菜スープを作り温かくいただくようにしているこだわりよう。

スキンケアでは「保湿」を大切にし、
様々な肌トラブルの原因の多くは乾燥である場合が多いため、
少しでも乾燥を感じたら化粧水やクリームを重ねづけするそうです。

また、運動を定期的にすることでスタイルの衰えも防いでいるそうです。

ジムに定期的に通ったり、カーヴィーダンスやストレッチを取り入れて生活をしているそうですよ。

見た目の印象とはギャップがあったのですが、
趣味が「サーフィン」とのことで趣味のサーフィンをすることでも運動をしているそうです。

この意外な趣味を持つギャップも男性のハートを掴むのではないでしょうか。


誰もが憧れる深田恭子に近づける秘密のメイク方法

深田恭子といえばいつまでも変わらない童顔、少女顔です。

そして、とにかく肌が綺麗です。

深田恭子5

アラフォーになった今でも変わらぬ美肌をキープしています。

深キョンの愛されフェイスに近づくためには
まず、ファンデーションでうるツヤ肌を作ることです。

そのためには普段から保湿を意識することが大前提です。

その上で、下地、ファンデーションを重ねていきましょう。

ファンデーションはリキッドかクリームがうるっとしてツヤ感も出してくれると思います。

しかし、厚塗りにならないことが最大のポイントです。

厚塗りにしてしまうと一気に顔が老け込んでしまいます。

まだ、足りないかな?と思うぐらいがちょうどいいです。

その代わりに、しっかりとハイライトを乗せていきます。

目のCゾーンや、鼻筋などに入れることでツヤ感をアップさせるとともに
立体的な顔立ちに見せてくれます。

仕上げにパウダーなどを乗せると時間がたっても崩れにくいです。

目や眉毛など様々なメイクパーツがありますが最もベースメイクを大切にしてください。

あとは印象的な丸い瞳です。

くりっとした瞳が彼女の少女らしさを醸し出す重要なパーツであります。

アイラインは目尻に跳ね上げラインをしっかりと引いています。

他の女優さんと比べると分かりやすく引いていることが多いです。

また、強い目力を演出するためにインラインを引きましょう。

そして、唇にはピンク色をベースにしたリップを塗ると深田恭子顔に近づきますよ。

ぜひ試してみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク