今やテレビドラマやバラエティー番組に引っ張りだこな永野芽郁さん。


視聴者からは「可愛い」と言った声が相次いで聞こえるようになりました。

しかし、この意見には賛否両論あるようで、あまり可愛くないと思っている人も多いようです。


永野芽郁のプロフィール

永野芽郁

スターダストプロモーション制作1部所属の永野さんは小学校3年生の時に東京、吉祥寺にて買い物中にスカウトされたそうです。

その頃から外見がよく、スカウトされるほどの美貌の持ち主だったことがわかります。

そして、芸能界デビューを果たすと、2009年に子役として映画「ハード・リベンジ、ミリー・ブラッディバトル」に出演し、デビューを飾ります。

永野さんの人気が一気上がることになったのがその翌年のドラマ、「ハガネの女」で主人公の小学生時代を演じたことからでした。

大河ドラマでも使われるようになり、モデルとしても活躍して言った永野さんは数々の作品に呼ばれるようになります。

「真田丸」や「半分、青い」などと言った人気ドラマに呼ばれ続け、人気や注目はますます上がることとなりました。

人気や注目が上がるにつれて、ネット上では永野さんについて意見が交換されるようになりました。

そしてかわいい派と可愛くない派で別れるようになってしまいます。

永野芽郁がかわいい派の意見

永野芽郁

永野さんの外見や仕草に対してかわいいと思っている視聴者は多いようです。

実際、スカウトされると言うことは事務所側もその素晴らしい見た目を見てのことでしょう。

永野さんの外見はよく、「全体的に可愛い」と評されることが多いようです。

確かに、その顔面は非常に良く整えられていて、顔のバランス面で言えば非常に美しい部類に入ります。

そして163cmという小柄な身長も可愛いと囁かれる要因の一つとなっていました。

「彼女にしたいちょうどいい身長」と述べるファンも多いようで、応援している人から見ればスタイルも外見も非常に良く思えるそうです。

女優やモデルとしてバリバリ活躍しているのが可愛いという証拠だと伝えている人も多いようでした。

そもそもある程度可愛くないと今の永野さんみたいにテレビドラマやバラエティー番組に引っ張りだこな状況にはならないと伝えています。

この論争に火がついたのは永野さんが生徒役として出演した「3年A組-今からみなさんは、人質です」の人気が沸騰したことからでした。

永野芽郁がかわいくない派の意見

永野芽郁

人気とともに可愛さがネット上で呟かれるようになった一方で、永野さんに対して否定的な意見を持っている人も多数存在しています。

その主張は主に特定の顔のパーツに対する意見が多いようです。

全体的なバランスとして褒め称えている声が多い一方、そのパーツひとつひとつが注目を集め、可愛くないという意見が出ているのかもしれません。

特に、永野さんの鼻には注目が多いに集まり、少し大きいのではという声が上がっています。

そしてモデルや女優として活躍している永野さんの雰囲気が美人と錯覚させているだけという考え方の人も少なくありません。

顔立ちに対してはネガティブな意見が飛び交う中で、朝鮮系にも見える、と日本人らしくないところも注目されました。

なお、注目される顔のパーツで言えば、目もまた欠点として取り上げられる要因の一つになっているようでした。

そして「1000年に一度の美少女」と称されている橋本環奈さんと比べると足元にも及ばないなどと言った意見もネット上に見られます。

これに対しては議論が勃発したそうです。

まとめ

ドラマやバラエティー番組にも引っ張りだこな女優の永野さんは東京でスカウトされ、芸能界への道を進んでいきました。

数々のドラマや映画に出演を果たしたことでその知名度は徐々に上がって行きました。

特に、「3年A組-今から皆さんは、人質です」に生徒役として出演すると、ツイッターなどで名前が一気に呟かれることになりました。

その際に、とある論争がファンによって繰り広げられることになります。

それは、永野さんの外見や見た目が可愛いかどうかという言い合いでした。

永野さんの活動を応援しているファンらは可愛いとして顔のバランスの良さを持ち上げ、訴えてます。

また、小柄な身長も可愛さの要素が足されるとして全体的に見ても可愛い女優であることを述べています。

一方、永野さんに対しては「可愛くないのでは?」という声も多数上がっているのが事実です。

顔のバランスが良いとしても、ひとつひとつのパーツが悪いと取り上げられてしまい、ネットでは叩かれていました。